季節 の言葉   20072008200920102011 2012201320142015 ・2016 ・2017

大悲の光懐に安住して 如来の御はからいに全我を託し

宿業のいずるがままに受け取って念仏する

そこに限りなき人生への随順と超越の一体なる願生の道がある

二乗は恩愛を無視し、凡夫は恩愛に泣く

念仏申すべし ありのままの中に 大法 頂戴すべし

心の東天に真実の太陽が昇る時 貪愛瞋憎の雲霧が見える

真実を求むれば求むるだけ 不真実の自己が見える

大地に伏して泣く涙 不実なる汝を木端微塵に打ちくだく

花は散る 散る花のゆくえ

人は去る 去る人やいずこ

年々歳々 花相同じく ながむる人は同じからず

念仏とは苦悩にともされた燃え上がる炎であり、光である 高い世界から光が訪れる。その訪れた光が煩悩に狂う心の上に顕現して、そのままを救う。合掌の日、愛欲と本質を異にした清浄願心がおん身の上に動くであろう

報謝の生活とは、限りなく恩恵を享受しつつ

自己自身の相に輝くことである

自己にふりかかるあらゆる問題を合掌の中に受け取る時、念仏はありのままの中に輝きたもうであろう

名号六字が生きたみ親であり 信心であり 行であり

これを称えるままが 自信であり 教人信であり 

願作仏心であり 度衆生心であり 仏恩報謝である。

教えを聞くとは如来の聖なるみ心を善知識を通して聞くのである。

ただ静かに 不退に求道し、精進し、念仏して

地下に埋もれて生きよう ただ内に培え

黙々として内に充実せよ しこうして地下に埋もれよ

悩みぬきなさい 苦しみぬきなさい 聞きぬきなさい

自己に徹しぬきなさい 人生を知りつくしなさい

疑いぬきなさい こわしつくしなさい