季節 の言葉   20072008200920102011 201220132014 ・2015 ・20162017

 大悲の光懐に安住して如来の御はからいに全我を托し、宿業の出ずるがままに受取って念仏する。そこに限りなき、人生への随順と超越の一体なる願生の道がある。

深くなれ 深くなれ、もっともっと深くなれ

無限の光 汝の底なき闇を照らすに覚める時、汝は智慧の所有者として深い人生を生きるであろう。

右するも迷路であり 左するも闇路である
何故の黒闇であるか
善と名のるも人を殺し 賢と誇るもまた人を傷つく

待ちに待ちたる聖会は 遂に来たりぬ

同朋は 今 華に乗じて 歓喜に満ちて

聖会さして帰り来たりぬ

人の至って尊きは 広大なる恩徳にさめ、不退に求道して

念仏無碍の道味を人生に顕現するにあり

この身を受けたらばこそ聞くことができた正法であり

悪人凡夫ならこそ回向せられた本願一乗の大道であった

心と心 どうしても通ぜぬ心と心
人生のさびしさが そこにある
家庭の暗も 世間に生きる悲しさも そこにある

生命の流れているものにのみ 薫りと力と光の輝きがある

生命の流れは熱い 生命の流れは新しい

浄土の真宗とは如来無量寿のいのちの流れにほかならない

汝合掌して正法を聞き、自力の羽織をぬぎ、足袋をぬいで

百姓のごとく 人生の業苦の泥沼の中におり立て

信は永遠のいのちである。如来本願のいのち流れて全我信となり

この信則ち宿業個性のありのままをありのままに生かして

願往生の道に安住せしめたもう

    どうしてもどうしても念願する。たった一つの一番大きな「ありがたい」を知らせたい。「ありがたい」と言い得る謙虚な心にならせたい。