季節 の言葉   20072008200920102011 201220132014 ・2015 20162017

現在に生きる者は永遠に生く

永遠に生きる者は現在に生く

南無阿弥陀仏とは永遠に生きる者の名である

同朋よ、共にお念仏申そう。私が同朋に捧げる腹いっぱいの言葉もまた、最後にはこれより外にはなくなった。お念仏のみが人生に根本的解決を与えてくださるがゆえに
清白の大法、その本源を浄土に発し、世尊の金口より流れ出て大河となり、ゆくゆく七高僧を生みつつ、我が聖人にいたる。合掌して無我にこの流れに入るべし。

久遠の大慈悲 衆生を摂す 無縁の大悲 五濁にそそぐ

浄土の温泉 悪世に湧く

大慈悲の池に遊ぶ者には 自然の聖化その身にあり

人もし大法に感動して如実に念仏すれば大悲感動して摂取したもうこの時 久遠の真実 行者に生きるがゆえに恒沙の諸仏感動してこの人を護念証誠したもう

他人に求める前に一歩しりぞいて自分の姿や態度を凝視しようではないか。自分の上にこそ理解も同情もない冷たさがありはしなかったか。

哀れなる哉 汝にはあまりに汝の魂を酔わす幸福がありすぎる

井戸を掘れば清水が湧く汝よ 

汝の貪瞋煩悩の裏にわく南無阿弥陀仏の清水をくんだか

強く生きたいか
それについてはっきりした断案がほしいのか
はっきりした答えがある。
如来の本願は一切衆生の道である。本願の大道に立ったものにだけ、真実のみ国への歩みがはじまる

一筋の道あり この道 現実より浄土に通ず

如来は信なり 我も信なり 彼我一体の信

ここに永遠の生命動く

師が悲しんだ悲しみを、師が喜んだ喜びを、われ、今、この心に悲しみ喜び、賜ったすばらしい僧伽の中に、一すじの道を御同朋と共に生かされん。

過ぐる年を追わず。来る年を拒まず。

悠々として現在に安住し、努力する。

波散って美しく、波静まりてまたよし。