幸福

汗を流して、自分で生きて行くことは、この上もなく自分にとってはうれしい尊いことです。

自分がいるために、親や兄弟や、隣人や、友人や、その他のものが幸福を得る。

自分が生きているために、それ等の人が生きていると思えば、自分の生きていることはこの上なくうれしい。

私たちには智慧がない。財産がない。けれども赤い紅い血と、清い尊い汗がある。

働くだけ血は愈々紅く、汗はいよいよ尊い。

山のような建物も、幾億の財産も、永劫の破壊には如何とも出来ない。

残るものは、唯血と汗の歴史。