沈黙者

 

如来は一面沈黙者である

沈黙者であるがゆえに

心がしびれていれば

人間より恐くない

しかし、その沈黙者が

何より明確にものを言う

ものを言わないのは

教えを聞かないがゆえである

教えを聞くとは

如来の聖なるみ心を

善知識を通じて聞くのである