一生を貫く一つの言葉

名号六字が生きたみ親であり

信心であり 行であり

これを称えるままが

自信であり

教人信であり 

願作仏心であり

度衆生心であり 

仏恩報謝である

南無阿弥陀仏の六字を一生かけて称え続けさせていただく

それの真にできる人の幸せは

なかなか言葉にあらわすことはできない

一生を貫く一つの言葉

一生を貫く一つの念仏行

そこに至幸至服の人が存在する

若き人よ これを思え