生命 

清々しい若葉が天地を包んで 

溌溂たる生命が跳る


生命! 

生命の流れているものにのみ
薫りと力と光の輝きがある


古ぼけた生命の枯れた

塵まみれの因襲の殻
如何に形が大きかろうと 

人数が多かろうと
生命の流れが絶えた時
そこにはただ名利煩悩の悪臭のみが存在するであろう


我等の歩みに生命が跳る
それはただ釈迦親鸞の意に帰る日に


生命の流れは熱い 

生命の流れは新しい
新鮮にして熱い生命のたぎるものにのみ

進展と喜びがある


浄土の真宗とは 

如来無量寿のいのちの流れに外ならない


                   (『光明』第22巻5号)