深くなれ

深くなれ深くなれ
もっともっと深くなれ


何という浅い笑い方 
何という浅い泣き方であることよ


浅薄な思想 浅薄な感激 浅薄な人生観
大波に漂う小船の様に流されて
その日その日が何時しかに過ぎてゆく


無限の暗がその現前脚下に横たわる
何故に大胆にその暗に徹せざる


無限の光が 彼の岸より現実を照らす
何故にその光に徹せざる


無限の光 汝の底なき暗を照らすに覚める時
汝は智慧の所有者として深い人生を生きるであろう
                         

                       (『光明』第十五巻八号)