反 省


他人の顔は見えるが

おのれの顔の汚れは見えぬ
他人の不真実は見えて

わが心に真実の火の消えたことは見えぬ


他人のお世話はどうでもいい

汝の心にかえってゆけ


父は子を責め

子は親を

夫は妻を

妻は夫を責める前に
汝は汝の心をながめるがよい。


おお、悶えなき汝よ

苦しまざる汝よ

豚のごとく平和なる汝よ


それで汝は恥かしくないか。荒んだ相が見えぬ。


鏡を見よ

経典の前に立て

おそらく汝は仰ぎ得ないであろう