一すじの道あり

一すじの道あり
この道 現実より浄土に通ず


一切群生無限の苦悩の底に
静かに必然に流るる至純の業力


処を超え 

時を超え 

人を超えて
永遠に輝くたった一つの本尊


滅ぶべき一切の群生を乗せて
永遠の浄土にはこぶたった一つの力


この力 全人格の上に動けば これを「信」という


如来は信なり
我も信なり
彼我一体の信


ここに永遠の生命動く