月刊誌「光明」について


「光明」は光明団の月刊誌です。

「光明」は大正8年(1919年)1月、住岡夜晃先生によって創刊されました。

 戦時中、政府の命令によって一時休刊した時期がありましたが、戦後復刊され、夜晃先生が亡くなられた後も発行され続け、現在、第83巻に至っています。

 諸先生による深いみ教えと同朋の方々のご讃嘆によってみたされた尊い雑誌です。

 講読を希望される方は本部までご連絡ください。

 誌代は半年で1500円、1年間で3000円です。


 本年度、第83巻の主な内容

 巻頭言

  住岡夜晃先生の言葉

 「観経疏序分義讃仰」    細川巌 先生

 「蓮如上人の語録に学ぶ」  堤日出雄 先生

 「共なるいのちを生きる」  幡谷 明 先生

 「共感の抄」        松田正典 先生

 「大乗起信論について」   岡本義夫 先生

  同朋の方々のご讃嘆

 

  会座のご案内