婦人部会


 婦人部会も今年で38回。今回は、昨年に引き続き、沖縄で小児科医をしておられる志慶真文雄先生から、「大いなる一枚のいのちに帰れ」という講題で、3日間の研修会をいただきました。また、テーマとして総務さんたちから「人生を浄土の縁にするとは」を出していただき、細川先生の『善導大師和讃讃仰』をテキストにして、皆さんの1年間の取り組みのもと、会は進められました。
 全国から120余名のご参加があり、落ち着いた雰囲気の中で、「我々は何で救われるのか」「人間のものさしと如来のものさしはどう違うのか」「物はすべて繋がっており縁起として存在している」「虚妄の分別心はどのような悲劇を生み出していくか」等々、如来本願のはたらきを頂くことの大切さ、その中で思う存分生き、仏法を勧めることの大切さを説いていただきました。