光明第13巻

 1931年

 昭和6年

  37才

第1号    両足尊
第2号  両足尊
第3号

 断行

第4号  応現  親鸞聖人を超えて
第5号  慈父
第6号  ひとつの生命
第7号  病む人に贈る
第8号  聖講習会を終わる
第9号  利剣即是弥陀号
第10号  希有人
第11号  釈迦魂と提婆魂
第12号  

光明第14巻

 1932年

 昭和7年

  38才

第1号  
第2号  
第3号  
第4号  
第5号  
第6号  善と悪  天の妙華
第7号  
第8号  巻頭の叫び  聖講習会の追憶
第9号  人生とさびしさ
第10号  宝塔一基
第11号  仏国土の建設
第12号  合掌 概念と直感

光明第15巻

 1933年

 昭和8年

  39才

第1号  信仰即生活
第2号  創造生活の条件(上)  内部生命の充実
第3号

 創造生活の条件(中)

第4号  創造生活の条件(下)
第5号  聖人の歩みたまいし道
第6号  もとの相に還る道
第7号  具体全一の生活
第8号  業のもつ宗教的意義
第9号  仏の村の建設  彼岸会
第10号  差別と平等  貧しき彼の苦闘史
第11号  光明団創立15周年を迎える  宿命から使命へ
第12号  15周年大会を基調として  奉白文

光明第16巻

 1934年

 昭和9年

  40才

第1号  
第2号  
第3号  
第4号  花祭りの記
第5号  
第6号  
第7号  
第8号  
第9号  汎太平洋仏教青年大会に列して  普賢の徳に  仏教と教育(四弘願と教育精神上)
第10号  仏教と教育(四弘願と教育精神上)
第11号  仏教と教育(四弘願と教育精神上)
第12号  

光明第17巻

 1935年

 昭和10年

  41才

第1号  年末より年始へ
第2号  
第3号  
第4号  
第5号  
第6号  
第7号  
第8号  
第9号  聖講習会の印象
第10号  聖心
第11号  浄土の宗教と教育 1
第12号  

光明第18巻

 1936年

 昭和11年

  42才

第1号  浄土の宗教と教育 3
第2号  浄土の宗教と教育 4
第3号

 浄土の宗教と教育 5

第4号  浄土の宗教と教育 6
第5号  
第6号  
第7号  
第8号  
第9号  一筋の道
第10号  正直に進んで
第11号  称名念仏について
第12号