光明8巻第1号

1926年 大正15年

昭和1年

 

32才

年頭に際して真実生活における二つのつまづき
光明8巻第2号 亡き哲子の写真を抱いて
光明8巻第3号 化城を出でて1 真愛
光明8巻第4号 化城を出でて2 毒と薬
光明8巻第5号 化城を出でて3 幸福
光明8巻第6号 化城を出でて4 生死をこえし人
光明8巻第7号 弘誓のみ船
光明8巻第8号 平成業成 亡き大蔵省三君の霊前に捧ぐ
光明8巻第9号 三世を貫くみ救い 合掌する日
光明8巻第10号 光明摂取と功徳回向  天上から下界へ
光明8巻第11号 自然の法悦  
光明8巻第12号 報恩講にあたって御開山聖人を憶う
光明9巻第1号

1927年 昭和2年 

33才

本部より愛する諸兄姉のみ胸に  柔和忍辱
光明9巻第2号 具会一処  善と悪とを超えて  
光明9巻第3号 価値の生活1  
光明9巻第4号 価値の生活2
光明9巻第5号 価値の生活3  寂しき大地
光明9巻第6号 超越と随順  仏の怨敵
光明9巻第7号 帰命の世界
光明9巻第8号 真実をにらむ眼  欲と人生  
光明9巻第9号 合掌の世界1
光明9巻第10号 合掌の世界2
光明9巻第11号 合掌の世界3  4つの願  読書と私
光明9巻第12号 永劫流転  如来我を見出したもう