歎異抄講話

 

昭和12年〜

 昭和15年

43才〜46才

歎異抄講話(全体)

 

前 序 歎異の心

 

第一章 本願の宗教

 

第二章 愚禿の信境

 

第三章 悪人正機

 

第四章 念仏即大慈悲

 

第五章 念仏即孝道

 

第六章 念仏即師弟道

 

第七章 無碍の一道

 

第八章 非行非善

 

第九章 信と生活

 

 

 

無想録

 

昭和6年〜

 昭和8年

37才〜39才

   

1

 

2

 

3 肉身

 

4

 

5

 

6

 

7

 

8

 

9

 

10 小人

 

11 腹

 

12 ユーモア

 

13 父

 

14 感情

 

15 秋

 

16 不思議

 

17 生活の三段階

 

18 年の暮れ

 

19 自然

 

20 十八願のこころ

 

21 よきことにて候

 

22 邪見

 

23 余善をそしることなかれ

 

24 文化と宗悦

 

25 強者

 

26 随落十則